<   2011年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

ちびらり佐々木さんと

c0185575_1394141.jpg
先日の轟音玉手箱でご一緒したちびらりGtの佐々木さんと大戸屋で夕飯デート♪
いやー、ギター談義やロックな話で盛り上がること盛り上がること☆
佐々木さんは、沢山のバンドの方から頼られ、愛され、慕われているとっても素敵なお兄さんです!
今度から兄貴と呼ばせてください(笑)。
※画像は顔半分だけですが…

そして、ちびらりさんは11月20日(日)に大塚Red-zoneでワンマンライブなんです。
もちろんRoddyも遊びに行く予定です!

フライングギタリスト降臨にも期待!
ワクワク☆彡

CHIBIRARI(ちびらり)公式HP
http://www.geocities.co.jp/MusicStar-Bass/6244/index.html
[PR]

  by roddys | 2011-10-11 23:42 | Diary

たまには息抜きにアニメでも。

見ています。
昨日は機甲戦記ドラグナー、今日はマクロスF。
新旧織り交ぜながらゆっくり見ています。

思った以上にドラグナーがおもしろい。
マクロスFはまだ話が読めないなー。
初代マクロスとマクロス7はじっくり見たので展開が楽しみ☆

ネタバレは駄目よ!
[PR]

  by roddys | 2011-10-07 18:52 | Diary

コンプなお話

最近のRoddyサウンドにはペダルタイプのコンプレッサーが欠かせません。
よくコンプは誤魔化しが効くからとか、ピッキングが下手になるだとか言われますが、

コンプによって人為的に圧縮したあの音にしか出せないものがあるのです。

あの音をピッキングの強弱で出せるなら本当に出してみろよと言いたいですね。
よくFusion系のカッティングにありがちなクリーンサウンドや80'sのAOR系などは本当によく使われています。

自分もピッキングの粒を揃えるという意味では指弾きとのバランスで使用することも少なくありません。
クリーントーンやカッティングでは大活躍です。

基本的には歪みの前、バッファの直後に入れます。
全体的な音の粒を揃えたい場合はSend Returnに入れることも。
この辺はジャンルによって使い分けている感じです。

各ボードに組み込んでいるコンプはこちら。
c0185575_19501017.jpg















・Providence VELVET COMP VLC-1

「VELVETのように滑らかで艶のあるコンプレッサー」とメーカーは謳っておりますが、
VELVETって何ぞや?今もよくわかりません。
サスティンの幅が広く、カッティングからソロまでジャンルを問わず幅広く使えます。
ノイズも少なく、メインのコンプとして非常に重宝しています。

c0185575_195023100.jpg















・Diamond Guitar Pedals Compressor CPR-1

カナダの新進ブランドDiamondが満を持して発表したコンプレッサー。
おそらく僕が今一番ハマっているかもしれません。
サウンドの幅広さは上記のVELVET COMPを遙かに凌ぐ一品。
ペダル自身の個性が極力抑えられていて、あくまで自然なコンプサウンドが徹底されています。
Tilt EQというつまみがかなり特徴的で、これの使いようで何でもできてしまう気がします。
持っている中で最もハイファイなサウンド。最高!
こちらも大変ノイズレス!筺体がやや大きめなのがちょっと残念。

c0185575_19504293.jpg















・Malekko Omicron Compressor

ICにN.O.S.のCA3080を使用しているわりには、MXRのダイナコンプなどと違いとても自然なコンプです。
特筆すべき点はこの筺体の大きさで一定以上のクオリティを実現出来ていること。
これに尽きます。値段もとってもお手頃でコストパフォーマンスもダントツですね。
もちろん一番小さなCセットに組み込んでいます。


余りエグく掛るものよりも音の粒を揃えて自然な圧縮音を好んで使用しています。
もちろんRoss系やMXRのダイナコンプ、オレンジスクイーザーといった定番どころも大好きですよ。

コンプレッサーはベーシストの方々とも口論になるのですが、
とても奥の深いエフェクターだと思います。

実におもしろい!
[PR]

  by roddys | 2011-10-04 19:53 | Column

軽量化と節電対応

さて、最近はライブで3UのRackを使用するようになって、
機材が巨大化してしまいました(汗)。

とはいうものの、毎度リハのたびにこれを持ち出しては体が持たないのです。

なので、規模によって何通りかセットを作ってリハやライブに臨んでいます。
まぁ、楽をするというよりも節電のようなものです。
実際電力消費も少ないし(汗)。

c0185575_22504895.jpgc0185575_22443116.jpg


















まずライブで使用するRack+Midiコントローラーを含むボードのセット(Aセット)


c0185575_22462565.jpg












ラックを使用しないが若干大きめのボード(Bセット)


c0185575_22474132.jpg












そして小型エフェクターを駆使してより小さくしたボード(Cセット)



こんな具合です。
使用するエフェクトによっても持ち出しが変わります。
極上のラック空間系を多用する時は当然Aセット。
WahやVolペダルが必要な時はBセット。
特にスタンダードな音しか使わないときはCセットで十分!

どのセットでもサウンドを損なわないクオリティのペダルで構築しています。

それにしてもこないだ対バンだったちびらりのギターの佐々木さんが使っていた
Fractal Audio Systemsの「Axe-Fx ULTRA」は良い音だったなぁ。
ヘッド無しで2Uラックとボードで完結っていうのが羨ましい!

今やシミュレーターであそこまでの迫力のサウンドを生み出せる時代になったとは。
機材の進化はまさに日進月歩ですね。

前回のライブではどのバンドも痺れるようなギターサウンドだったので、色々と勉強になりました。
各々の目指すサウンドにブレがないのでね、初心に戻って考えさせられます。
[PR]

  by roddys | 2011-10-03 23:00 | Column

TOTO in 武道館

c0185575_2221427.jpg

ええ、行ってきましたよ!
ずっと見たいと思っていたのにタイミングが合わず、見ることが叶わなかったTOTO。

その後、TOTOは解散。
生きているうちに演奏を見る夢は断たれたとずっと思っていたのです。
しかし、今年、彼らはやってきました!

ベーシストのMike Porcaroの闘病支援のための一時的な再結成ツアーではありますが、
再び日本の地に来てくれたことに感謝します!

しかもアリーナのステージ前から5列目!
うぉぉ、めっちゃ近い!こんな近くで見れるなんて!
まるで鹿鳴館のステージくらいの距離でした☆

肝心の内容ですが、
もう一曲目のChild's Anthemから圧巻!
そのままの勢いでTill The Endになだれ込む!
この曲をJoseph Williamsの声で聞けたことが感動!

今回久しぶりにツアーに復帰したSteve Porcaro作曲によるMichael Jacksonの「Human Nature」のカヴァーも良かった!
本編ラストはThe Seventh Oneの最後を飾るHome of the Brave!
僕の最も大好きな曲の一つです。

そしてアンコールはやはりHold the Line!

今回はHydraとTurn Back、Isolationからは一曲もなかったことがちょっぴり残念ですが、
Joseph時代の名曲満載で大満足でした☆


Steve Lukatherのギターは昔のような冷蔵庫サイズのラックは持ち込まず、BognerのXTCを2台にボードのみというシンプルなセット!
にも拘らず物凄い音圧!リードトーンもすごい抜けてました!
やっぱりこの人は凄いわ、今さらですが。
後は新しい2ハムのシグネイチャーモデルも使用していました。
初期の曲を中心に使用しておりました。
あの頃はレスポールだったしね。

足元のボードについては公式サイトやOKADA Internationalのページに上がっていたものと同じだと思います。

Lukatherの機材についてはいくつかリンクがありましたので、そちらをどうぞ。
http://www.okada-web.com/voice/luke_tt.html
http://rush.sub.jp/musette/archives/gear/bogner/index.html

いや、本当に今も余韻に浸っております。
本当に良かった!

こんなバンドにまた出会えるかはわからないけど、
またひとつ夢が叶いました。

ルカサーに会えるかもと期待してちゃっかりギターを持っていったのはここだけの話(笑)。


2011/09/27 日本武道館セットリスト

01.Child's Anthem
02.Till The End
03.Afraid of Love
04.Lovers in the Night
05.Somewhere in The Night
06.Pamela
07.Lea
08.Gift of Faith
09.Keyboard Extravaganza
10.Africa
11.Human Nature
12.Rosanna
13.Georgy Porgy
14.Stop Loving You
15.Home of the Brave

~encore~

16.Hold the Line
[PR]

  by roddys | 2011-10-03 22:22 | Diary

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE