「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

WBCと言えば!

いや、WBCは歴史的な素晴らしい試合で日本が優勝しましたね!
何はともあれおめでとうございます!

話はWBCのテーマに移りましすが、何と主題歌がJourneyの「Separate Ways (Worlds Apart)」じゃありませんか!
巷では着うたのDLがかなりの上位に来ているとか!
これは日本でJourney旋風も吹き荒れたりw

まぁ、それは置いといても80年代のJourneyの楽曲が時代を超えて今も愛されているということが素晴らしいですね。
我々じゃにめんもそんな素晴らしいJourneyの音楽をみんなに伝えられるように頑張りますw

というわけで次回はこのJourneyについて語ろうかと思います。
[PR]

  by roddys | 2009-03-27 03:46 | Column

久しぶり!

おひさしぶりです!
最近はどうもブログ更新が滞ってしまいました(汗)
ですので軽い近況報告を。。。

先週とあるバンドでライブをやってきました。
何故かアニメソングのカヴァーだったのですが、たまにやるのも良いものですね。
なかなかそういう機会もないので新鮮でした。
また今年中にもう一度位ライブやるかもです。

Hanoi Rocksや前々回のブログでも書きましたが本家Journeyを見に行ったり、WBC優勝やら陣内&藤原の話など←関係ないやんw


。。。まぁ、そんなところです。

そして今日はじゃにめんリハでした。
4月のライブに向けていよいよ選曲が固まってきました。
新曲も増えたし本家Journeyも見て気合も漲ってます!
対バンも素晴らしいバンドですし、今から楽しみですね☆
[PR]

  by roddys | 2009-03-26 04:26 | Diary

Gear

さてさて、Journeyの日本公演も終わり、これから春に向けてバンバンLive活動しますよ!
落ち着いたところで前々回の日記でも言った通り、リペアから返って来た相棒を詳しく紹介。

c0185575_238474.jpg


いつもお世話になっているMooG工房ですが、この度も素晴らしい仕事をしてくれました!
今回は大よその全体調整及びフレットの刷り合わせの他に、アクティブ回路を新たに製作。

以下はMooさんのブログコメント転載。

「アクティブPUであるEMG-Sと、パッシブPUであるディマジオ スーパーディストーションを共存させるのはインピーダンス整合面で大変なのです。
単に混ぜちゃうとパッシブピックアップのハイ落ちが酷く、全く使えないトーンになっちゃいます。
内部でバッファを通して、ミキサー回路でハムバッカーとシングルコイルの信号をミックスしてアウトプット。
その後、ソロブースター回路は任意で通せるという、プリアンプ的なものをデザインして組み込みました。」

↓基板はこんな感じ。
c0185575_2383024.jpg



コントロールキャビティのパネルも特注↓
c0185575_2391087.jpg


1.5mm厚のアルミ板で作っているのでシールド効果も狙えるとのこと。


もうすでにフェスの決勝からメインで大活躍です。
サウンドの幅が広いうえにジャンルを選ばないので、変則チューニング意外は何があっても大丈夫!
重宝しております。


そして今回プロフィールから機材ページを製作していただいたのでよかったら見ていただけると嬉しいです↓
http://roddy.vis.ne.jp/profile_materials.htm
[PR]

  by roddys | 2009-03-13 02:09 | Column

一足先に東京公演へ!

いよいよ本家Journeyがやってまいりましたね。
僕は一足先に東京公演を観戦しに行って来ました!

新しいメンバーが加わった新生Journey、4年振りなので本当にお帰りなさいですね。

今回は全体的に音響がちょっと厳しかったなぁと。
最初はギターも聞こえなけりゃ低音はスカスカ。
Drはスネアしか抜けて聞こえないと言う有様。
後半はニールのギターがでかかった様な。。。

前回の2004年のLiveも同じフォーラムでしたが音響に関しては前回のほうが断然良かったです。

さて、皆さんも注目していたとは思いますが、新Voのアーネル・ピネダ。
さすがの素晴らしいVoでした!
今までのJourneyにはない激しいステージングも新たな魅力です。


それ以上に目を見張るのがDrのディーン。
そのタイトでパワフルなドラミングは去ることながら、メインを張れるほどの素晴らしい歌声。
正直痺れましたね!
今回はメインVoを取った曲は4曲。
アーネル君も初めて彼の歌を聴いた時、どう思ったのか知りたいですね☆

さて、ニール・ショーンのギターですが、今回はシグネイチャーモデルのGibsonレスポールをメインに使用。
Ampはヘッドこそ見えませんでしたがキャビネットはMarshallでした。
レスポールの太いサウンドが心地よい本公演でしたが、プレイはあまりらしくないフレーズが多く、調子が悪い印象を受けました。
いつもの冴え渡るニールショーンには程遠い。


それにしても今回のステージは2時間半。
新譜からも数多く演奏され大御所バンドにしては珍しい長丁場を楽しませてくれました!

心残りがあるとすれば、代表曲でもあるWho's Crying NowやI'll Be Alright Without Youなどは聞いてみたかったなぁと。
歴史の長いバンド程選曲に悩むのでしょうね。


また次の来日が待ち遠しいです☆

次回のじゃにめんLiveへの良い刺激になりました!
4月のじゃにめんもどうぞヨロシク!

Journey
Set List from Tokyo International Forum2009/3/9

1,Intro~Majestic
2,Never Walk Away
3,Only the Young
4,Ask the Lonely
~Neal Schon Guitar Solo~
5,Stone In Love
6,Keep on Running(DEEN Vocal)
7,Turn Down the World Tonight!!!!!
8,Change For the Better
~Jonathan Neal Blues Jam~
9,Wheel In the Sky
10,Higher Place(DEEN Vocal)!!!!!
11,Lights
12,Still They Ride(DEEN Vocal)
~Jonathan Cain Piano Solo~
13,Open Arms
14,Mother Father(DEEN Vocal)!!!!!
15,Rubicon
16,Wildest Dreams
17,Separate Ways
18,What I Needed!!!!!
19,Edge Of the Blade
20,Place In Your Heart!!!!!
21,Escape
22,Fathfully
23,Don't Stop Believin'
24,Any Way You Want It
===ENCORE===
25,Lovin' Touchin' Squeezin'
[PR]

  by roddys | 2009-03-11 05:45 | Diary

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE