カテゴリ:Column( 57 )

 

Leqtique 「Maestro Antique Revised」について

c0185575_22544623.jpg

以前、ここで書いたLeqtique 「Maestro Antique Revised」についての記事が製作者のShun Nokinaさんの日記に紹介されました。

プレイヤーとしての感覚が製作者の意図と一致していることが素直に嬉しいですね。

以下コピペ

-------------------------------------------------------------------------------
ギタリストRoddyさんによる、レビューなのですが、MARを発売以来個人的に、またはオープンにいくつかのレビューを見聞きさせていただきましたが、
このレビューは僕の狙っているところがあまりにもどんぴしゃで、(事後報告になってしまいましたが、Roddyさんありがとうございます!)ここに紹介させていただきます。

個人的には、今年からの方針として新機種についてあーだこーだと(それでもいろいろ書いている気がしますがww)言うのをやめようと思ったので、あまり何も書いてきていないのですが、そのエッセンスのほとんどがここで代弁されてしまっています。

>>特に、”Gain、Tone、Volのノブの可変幅はかなり個性的です。
>>手前でググっと増幅され美味しいところで微調整できるようになっています。
>>ビギナーには癖があってきっと使いづらいでしょうね。
>>しかしながらODをエッセンス的に使用する人にはかゆい所に手が届く代物だと思います。
>>Gainが低めなところがまた僕の好みです。"

これはまさにどんぴしゃでして、

当初から書かせていただいているとおり、回路的な変更は、TS-9からなし、そして内容はTS-10のサウンドよりインスピレーションを受けたもの。

としてきましたが、ここにて、実際的な詳細とこのレビューを照らし合わせて見ます。

まず、コンポーネンツ、という点に関しては全て独自選択で、PRP,AB,OS-Con,Wima.... と言うまでも無くIbanez社のおよそ使用するものとはかかわりのないモダンブティックのトップエリート。ともいうべき連中を経験的な配置により完成させています。

また、回路の変更はない!

といっていましたが、実際にはいくつかのマイナーな変更を含みます。
それは、サウンドに影響を与えないもの。(与えない範囲で定数をそろえることでパーツの仕入れ量を増やし原料コストを下げるアイデアetc...)

と、あとは電源ラインのフィルター部の強化、

そして。

3つのIC,Tr素子の変更です。

これがまさにTS-10インスピレーションという部分なのですが。
といってももちろん単純に艶あり4558を採用するわけではなく、僕の知識上ではおそらくエフェクター史上で使用されたことのないOpampが採用されてます。

キャラクターとしては非常に強く粘るミドルレンジと、良好な透明度。 という記載が一番イメージに近いでしょう。

と同時に変更したTrは、Maestro Antiqueにも採用したものであり、このTrのhfeのグレード由来によりゲインが下がった。

と感じられるものであります(先述のとおり両段の増幅度に変更はありません)。

結果的に前に一言でまとめているように、“繊細”なタイプのTSサウンド。と片つけるのが僕としては一番わかりやすいと思います。

P.S あとは盲点ですが、意外と大きいのが"True-bypassed"なところです。 高価なモディファイ品などでしか、ストレートなTS系においてTrue Bypassのオプションがあるものは、また、特に1万円台の安定したブティックタイプの生産品においてはなかったからです。
-------------------------------------------------------------------------------

確かにこの価格帯でこれほどのものが出てくるとは思いませんでしたね。
本当に元が取れているのか。。。!?

とにかく素晴らしい音ですよ。
Tube Screamerタイプが好きな方試してみる価値ありますよ☆
最近は取扱店も増えてきているようですし、今後の製品にも期待大ですね!

しばらくこのOver Drive、いじりたおしてみようと思います!
[PR]

  by roddys | 2010-10-09 23:02 | Column

ギターレッスン

先日はギターレッスンでした。
生徒が歪み系のエフェクトを色々持ち込んでいたので、レッスンの時はそんなに必要ないんだよと伝えました。
折角マーシャルアンプもあるんだしTS-9位あればそれで十分。
レスポールとTS-9にマーシャルの組み合わせ。

うーん素晴らしいね。

自分はJC-120だったのでSuhrのRiot一個だけ持ち込んでみました。
省エネで楽チン!

レッスンについては、新たな課題も見つかったし色々発見できた密度の濃いレッスンでした。
音楽に対する取り組み方も方向性も分かってきましたし。
彼もだいぶ感心していた様子。
レッスンごとに何か得て帰ってもらわないと意味がないですからね。
頑張ってもらわないと☆

そして今回から毎回レッスンごとに内容を録音・録画することを義務付けたので家に帰ってからも復習できるシステムを取り入れました。

昔は簡単に録音録画なんて出来なかったのに今は便利な世の中になったなぁ…
[PR]

  by roddys | 2010-10-08 23:26 | Column

帰ってきた。

今月一杯かかると思われていたTomがチューンナップされて帰ってきました。
c0185575_17483886.jpg
といっても見た目が変わったわけではないんですが、ノイズやフィードバックの対策とかいろいろとね。
やっぱりお前がいないと落ち着かないのだ、トム子や。。。

チューンナップと同時にボードの内部を固定しました。
c0185575_17492332.jpg
今回の課題はボード内にブースターを組む込むこと。
ステファンズ以外のギターはパッシブなので、ローインピーダンスにしつつ音を太く、かつ筐体が小さな物という条件で。
c0185575_17495089.jpg
「Xotic Ep Booster」

なんでも、エコープレックス EP-3 のプリアンプ回路を参考にしたものなのだそうな。
エコープレックスはエディやエリック・ジョンソンの使用で有名ですが、通すだけで音が太くなるらしく、未だに愛用している人は多いですね。

エコープレックスを試したことは無いですが、このブースターは凄いですよ。
本当に通すだけで音圧が激変します。
もちろん、音質の好き嫌いは分かれますが、keeleyのKatana Boostや同社のRC Boosterよりも個人的にオススメですね。
何より驚異的なのは、このサイズで9v電池が使えるということ。
自分は12vで電源を取っています。
多少昇圧するとレンジがまた広がります。
18vまで使用できるみたいですが、今の自分にはパワーサプライ内で供給できる12vで十分過ぎる音に仕上がりました。
先日のライブにて使用しましたが、素晴らしい音に出来たのではないかと思います。
Tomの調整も合わせてボード内の配線・組み込みはMooGさんに仕上げていただきました。
僕にとって彼はボブ・ブラッドショー(CAE創立者でLUKEのサウンドメイカー)といっても良いほど信頼しております。
うむ、素晴らしい仕上がり。
それにしても良い音です。
[PR]

  by roddys | 2010-08-30 17:58 | Column

New Over Drive 「Leqtique」

今日はOver Driveのお話。
バンドやギターの種類でOver Driveを細かく使い分けています。
c0185575_21582694.jpg

TS-9、TS-9(Mod)、BB Preamp、Guv'nor、OD-1など様々です。

TS-9やTS-9(Mod)等の名器の説明は不要ですね。
BB PreampについてはTrebleとBassのEQの効きが素晴らしく、幅広い音質補正が出来るので音作りで迷ったり、機材も持ち込まない軽装の時など、サブのOver Driveとして大活躍です。
こないだは横須賀の野外ライブでも使用しました。

自分の好みの音色がTS系なので、メインで使用するものは偏ってきます。

そんな自分にも痒い所に手が届くような素晴らしいOver Driveの新製品を入手しました。
c0185575_21584184.jpg
Leqtique 「Maestro Antique Revised」

僕自身も今まで情報が少なく噂しか聴いたことがなかったShun Nokina Designというメーカーの「Maestro Antique」というODをベースに製作されたOver Driveです。
ハンドメイドでありながらすぐれたコストパフォーマンスで、自分の原点でもあるTube Screamerをより追求したモデルなのだとか。
店頭で試してこれは、と思いその場で購入しました。

音については限りなくTube Scremerに近いですが、TS-9とは微妙に違いますね。
キャラクターはどちらかというと後期(TS-10あたりか)に近いかも。
Gain、Tone、Volのノブの可変幅はかなり個性的です。
手前でググっと増幅され美味しいところで微調整できるようになっています。
ビギナーには癖があってきっと使いづらいでしょうね。
しかしながらODをエッセンス的に使用する人にはかゆい所に手が届く代物だと思います。
Gainが低めなところがまた僕の好みです。
TS好きには自信を持ってオススメできます。

いや~、Moog ModのTS-9やEx-proのODに続いて久しぶりに痺れました。
良い買い物が出来たと思います。

リハで何度か試してライブに使用してみようかと思います。
楽しみだぁ☆
[PR]

  by roddys | 2010-08-20 21:59 | Column

システムボード

最近、練習以外では、足元機材のリニューアルに物凄く時間をかけている気がします。
現在3つのペダルボードを使用してますが、別に機材コレクターというわけじゃありません。
それぞれ参加するバンドに合わせて使い分けます。

c0185575_0134669.jpg

メインはラック機材や数多くのエフェクトループとアンプのCh切替まで一度にできるシステム。(忙しくてまだ組み込んでませんがね)
ただ、重量が重すぎて手持ちはほぼ不可能。必要なバンドの本番とゲネプロ以外には出しません。
c0185575_014549.jpg

2つ目は、マルチエフェクターを組み合わせたセット。
上記の機材を持ち出せない時や、音色を多く多用する際に大活躍します。
他にもバックがオケのときにはPAに直で送ることも可能です。
c0185575_0252527.jpg

最後はコンパクトエフェクターのみのシンプルなセット。
以前は音色が変化するものがOver Driveだけの時もありました。
色々とマイナーチェンジを繰り返しましたし、最も持ち出し回数が多いです。
ボード本体も何度かご臨終しましたね(苦笑)
大体のリハではこれで十分だと思います。

今のところこの3つのシステムボードがあればほぼ問題に直面することはありません。

そんなシステムボードのうち、コンパクトのみのボードを完全リニューアルいたしました。
今回初めて外注に出してシステムを組んでもらいました。(製作:MooG Musical Instruments)
c0185575_0143930.jpg

シールド等のワイヤリングなども音に関係してくるので、自作するのとはわけが違います。
本当に音変わりますから。
今回のポイントはパワーサプライの統一。
現在足元にあるエフェクターは以下の通り。

・SAMSON AirLine Guitar - Wireless System(DC12V センタープラス)
・Sonic Research Turbo Tuner ST-200(DC9V センターマイナス)
・Providence VELVET COMP VLC-1(DC9V センターマイナス)
・Ibanez TS-9(MooG Mod) (DC9V センターマイナス)
・iSP Technologies DECIMATOR G Stirng(DC9V センターマイナス)
・t.c.electronic Vintage Delay(DC12V センターマイナス)

電源がDC9VとDC12V、形状もセンタープラス、マイナスが入り混じってます。
今までは複数のアダプタを持ち歩くか、ボード内に大きめの電源タップを組みこんで対応してました。
しかし、ボード内に余分な面積を取る上にぶっちゃけ邪魔なんですよ。
今回それらを一つにまとめるため、特注でパワーサプライを製作して頂きました。
c0185575_015790.jpg

上段がDC12Vセンターマイナス×4アウトで、下段はDC9Vセンターマイナスが×5アウト。
DC12Vセンタープラスは側面に設置。(イラストが昔のままなのでリニューアルしたいですな)
市販品ではこのサイズでは出来ませんし、何より使うものだけカスタマイズ出来るのは最高です。
MooGさん、今回もいい仕事してくれてます。
ボード内のパッチケーブルはBelden8412、電源ケーブルも合わせて長さを調整。
今後はこれにブースターを投入予定です。
中身のOver Driveはバンドに合わせていろいろと変えています。
BB PreampだったりノーマルのTS-9だったり様々です。

この新システムは29日の中島満雄バンドで実戦投入します。
New Soundに乞うご期待下さい☆

次回の日記では新しいOver Driveについてお話します。
[PR]

  by roddys | 2010-08-18 00:16 | Column

足元のエフェクトボードの組み込み その2

昨日の続き。
結局あの後はレイアウトをそのまま動かさず、残ったARMOAのケースにマルチを入れました↓
c0185575_11574543.jpg


・t.c.electronic Nova System
・KORG Pitchblack
・Morley Bad Horsie Waw
・Ibanez TS-808 Mod Plus(歪みはいつも入れ替え)

こないだMR.BIGやった時とほぼ同じセッティングですね。
前回はスペースが狭くてパワーサプライやG-swichが入らなかったので、今回は余裕があります。

音色多用する時にG-ForceやRS-616を持ち込む事が出来ないときはこれで行きます。
[PR]

  by roddys | 2010-07-17 11:58 | Column

足元のエフェクトボードの組み込み

こないだRS-442を手放してRS-616になりました。
MIDIの機能に自由なのはいいんだけど、自由すぎて使い方で四苦八苦。
そして今は中身が窮屈すぎてエフェクターが入らない…
ARMOAのPS-1がパンパン↓
c0185575_0504950.jpg


つーかワウもEXPペダルも入らない…
使いたいエフェクターを入れるのに悩んだ結果、ボードを大きくしました。
最近はやりのPedaltrainなどじゃとても収まりきらないので、奥行きに余裕を持たせるためこうなりました↓
c0185575_051599.jpg

まだレイアウトだけです。
これから完成に向け日曜大工になりそう。
でもパワーサプライやケーブル周りが大変なので外注しようか悩み中です。
ラックもコントロールするからなぁ、まだまだ研究が必要だぁね。
[PR]

  by roddys | 2010-07-17 00:52 | Column

新しい相棒

c0185575_21163060.jpg

ずっと恋焦がれていたこのギター

・Tom Anderson Drop Top Classic Deep Ocean Blue
c0185575_21173042.jpg

c0185575_21195697.jpg

やっと手元にやってきました。
試奏時にEコードを一発鳴らしたその瞬間、恋に落ちました。
今まで使ってギターは何だったんだと思うほどの衝撃でした。

ボディの鳴りは別次元の物。
音がボディから足を伝って身体全体に響き渡る。

ヤバすぎる。。。

しばらくはコイツとは離れられない生活になりそうです。
[PR]

  by roddys | 2010-06-14 21:20 | Column

Tube Screamer

うちのTube Screamer達です。

c0185575_22163613.jpg


左端:TS-808 Mod(Keeley)
2番目:TS-9 Mod(MooG)
3番目:TS-9現行品
右端:TS-9 初期リイシュー品

初めてリイシューのTS-9を手に入れてから使い続け、
MooGのMod品に至っては今や自分のサウンドには無くてはならない存在となりました。

現行品はこれから弟子のもとへ旅立ちます。
大切に使ってもらいたいものです。
[PR]

  by roddys | 2010-06-11 22:31 | Column

エフェクトボード。

しばらく更新しない間にエフェクトボードを新調しました。
昔みたいにプラ板で拡張せずに、無理なく詰めました。
あの時は軽かったけど見た目がね・・・

ライブ時に使用するエフェクトによってボードを3種類ほど用意してますが、今回は一番シンプルな物ですね。

チューナーやメインの歪みも変わったので、紹介しますね。
c0185575_152131.jpg


・(右上)SAMSON AirLine Wireless AP1

いつもお馴染みのワイヤレスですね。
最近はギターを回したりはしなくなりましたが、ライブ中シールドによる足元のトラブルはほぼ無くなります。
音痩せは少々ありますが、軽量で扱いが楽なんですよ。
今では本番には欠かせないアイテムです。

・(右下)Sonic Research Turbo Tuner ST-200

ストロボ・チューナーですね。
リペアでお世話になってるMoogのオススメで知りました。
Pitch精度が±0.02セントな上、驚異的な反応速度に驚きます!
今までのKORGのチューナーが音痴に聞こえるほどです。
残念ながら日本にはまだ代理店は無いようです。

・(左から3番目)Ibanez TS-9 Mod(Moog)

こちらはMoogのモディファイ品です。
True Bypassと3wayクリップスイッチでサウンドのバリエーションが違います。
ブースターとして今のRoddyサウンドには欠かせない存在です。

・(左から2番目)iSP TechnologiesDECIMATOR G String

ノイズリダクションです。
これは凄いですよ!不必要なノイズだけを取り除いてくれる上に音質の変化がほとんどありません。
ハイゲインなセッティングまで楽々にこなせる優れものです。
歪みのバリエーションが色々考えられます。

・(左下)t.c.electronic Vintage Delay

もうしばらくメインで使っているディレイです。
音質については病みつきになるほど気持ち良いです。
TC2290のような音をイメージしてもらえると伝わりますかね?
さらにテープエコーのような効果も狙えます。



今はこのセッティングがメインですね。
たまに歪みが変わったりしますが、バンドやアンプによりケースバイケースで使い分けてます。
今月末のライブでもこれで行くと思います。
[PR]

  by roddys | 2010-03-27 02:33 | Column

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE