「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:Column( 57 )

 

コンプなお話

最近のRoddyサウンドにはペダルタイプのコンプレッサーが欠かせません。
よくコンプは誤魔化しが効くからとか、ピッキングが下手になるだとか言われますが、

コンプによって人為的に圧縮したあの音にしか出せないものがあるのです。

あの音をピッキングの強弱で出せるなら本当に出してみろよと言いたいですね。
よくFusion系のカッティングにありがちなクリーンサウンドや80'sのAOR系などは本当によく使われています。

自分もピッキングの粒を揃えるという意味では指弾きとのバランスで使用することも少なくありません。
クリーントーンやカッティングでは大活躍です。

基本的には歪みの前、バッファの直後に入れます。
全体的な音の粒を揃えたい場合はSend Returnに入れることも。
この辺はジャンルによって使い分けている感じです。

各ボードに組み込んでいるコンプはこちら。
c0185575_19501017.jpg















・Providence VELVET COMP VLC-1

「VELVETのように滑らかで艶のあるコンプレッサー」とメーカーは謳っておりますが、
VELVETって何ぞや?今もよくわかりません。
サスティンの幅が広く、カッティングからソロまでジャンルを問わず幅広く使えます。
ノイズも少なく、メインのコンプとして非常に重宝しています。

c0185575_195023100.jpg















・Diamond Guitar Pedals Compressor CPR-1

カナダの新進ブランドDiamondが満を持して発表したコンプレッサー。
おそらく僕が今一番ハマっているかもしれません。
サウンドの幅広さは上記のVELVET COMPを遙かに凌ぐ一品。
ペダル自身の個性が極力抑えられていて、あくまで自然なコンプサウンドが徹底されています。
Tilt EQというつまみがかなり特徴的で、これの使いようで何でもできてしまう気がします。
持っている中で最もハイファイなサウンド。最高!
こちらも大変ノイズレス!筺体がやや大きめなのがちょっと残念。

c0185575_19504293.jpg















・Malekko Omicron Compressor

ICにN.O.S.のCA3080を使用しているわりには、MXRのダイナコンプなどと違いとても自然なコンプです。
特筆すべき点はこの筺体の大きさで一定以上のクオリティを実現出来ていること。
これに尽きます。値段もとってもお手頃でコストパフォーマンスもダントツですね。
もちろん一番小さなCセットに組み込んでいます。


余りエグく掛るものよりも音の粒を揃えて自然な圧縮音を好んで使用しています。
もちろんRoss系やMXRのダイナコンプ、オレンジスクイーザーといった定番どころも大好きですよ。

コンプレッサーはベーシストの方々とも口論になるのですが、
とても奥の深いエフェクターだと思います。

実におもしろい!
[PR]

  by roddys | 2011-10-04 19:53 | Column

軽量化と節電対応

さて、最近はライブで3UのRackを使用するようになって、
機材が巨大化してしまいました(汗)。

とはいうものの、毎度リハのたびにこれを持ち出しては体が持たないのです。

なので、規模によって何通りかセットを作ってリハやライブに臨んでいます。
まぁ、楽をするというよりも節電のようなものです。
実際電力消費も少ないし(汗)。

c0185575_22504895.jpgc0185575_22443116.jpg


















まずライブで使用するRack+Midiコントローラーを含むボードのセット(Aセット)


c0185575_22462565.jpg












ラックを使用しないが若干大きめのボード(Bセット)


c0185575_22474132.jpg












そして小型エフェクターを駆使してより小さくしたボード(Cセット)



こんな具合です。
使用するエフェクトによっても持ち出しが変わります。
極上のラック空間系を多用する時は当然Aセット。
WahやVolペダルが必要な時はBセット。
特にスタンダードな音しか使わないときはCセットで十分!

どのセットでもサウンドを損なわないクオリティのペダルで構築しています。

それにしてもこないだ対バンだったちびらりのギターの佐々木さんが使っていた
Fractal Audio Systemsの「Axe-Fx ULTRA」は良い音だったなぁ。
ヘッド無しで2Uラックとボードで完結っていうのが羨ましい!

今やシミュレーターであそこまでの迫力のサウンドを生み出せる時代になったとは。
機材の進化はまさに日進月歩ですね。

前回のライブではどのバンドも痺れるようなギターサウンドだったので、色々と勉強になりました。
各々の目指すサウンドにブレがないのでね、初心に戻って考えさせられます。
[PR]

  by roddys | 2011-10-03 23:00 | Column

アップデート

c0185575_1125440.jpg










昨日はオカダインターナショナルからEventideのTime Factor
アップデート完了の連絡がきましたー!

通常であればUSBからネット経由でアップデートができるのですが、
どうもPC環境が悪いらしく、さっぱり反応してくれない(泣)。

なので直接オカダに郵送してアップデートしてもらったのです。
しかし、パラメーターのアルゴリズムが大分変わっている。
うーむ、また1から音作りし直しかな?

最近はt.c.のVintage Delayが調子悪くて本当に困っていたので、
これからはこちらがメインになると思います。
t.c.よりエフェクトの音色が圧倒的にクリアなので、
しばらくはラックのLexiconのPCM80を持ちこめない時の代用になります。

やはりDelayが良いと演奏時のモチベーションも上がります(笑)。
[PR]

  by roddys | 2011-06-18 11:45 | Column

Giant ~ Dann Huff

久しぶりにギタリストについてふれたいと思います。
c0185575_16411855.jpg












Dann Huff

知る人ぞ知るギターの名手です。
WhitesnakeのHere I Go Again(Radio Mix)のギターソロを弾いていることで、
知っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
セッションギタリストとしてはBoys Ⅱ Men、Celine Dion、Madonna、Mariah Carey、Michael Jackson、Faith Hill、Whitney Houston、Billy Joelなど様々なジャンルの第一戦で活躍しています。

James Tylerのストラトから繰り出される極太のトーンは彼ならでは。
ジャンルを選ばないそのプレイスタイルはまるでSteve Lukatherのようです。
そんな数々の経歴の中でも一番好きなのは、

c0185575_16582819.jpg
Giant

このバンドですね。
僅か2枚のアルバムで解散してしまうのですが、
どちらも90年代のメロディアス・ハードロックの名盤です!

Dannがこれでもかというくらい自由奔放に弾きまくります。
それがアンサンブルの中で溶け合って全くいやらしくないんですね。
目立たずに目立つというか、曲の一部として成り立っているというのが正しいかも。

さらに特筆すべきはシンガーとしての才能。
彼は歌も凄まじく上手いです!
John Sykesじゃないけど、歌もギターもこんなに上手いなんてズル過ぎる!

本当に彼のフレーズ研究は自分にとって勉強になります。
年甲斐もなく彼の教則ビデオを買ってしまいました。
c0185575_175202.jpg















Giantのスタジオライブもも見れるうえ、解説がとても分かりやすい。
何か得した気分♪

彼の域に達するのは果たしていつの日だろう?
もっと頑張らなくては(汗)。
[PR]

  by roddys | 2011-06-17 17:06 | Column

ボードのその後…

c0185575_15333694.jpg
MooGさんからラックコントロール用のエフェクトボードが戻ってきました。
やはり自分の汚い配線とは雲泥の差ですね。
※前回までのボードはこちら

Loop4にChorusが入り、インターフェイスの上にワイヤレスを乗せました。
ChorusとOver Driveは入れ替える予定。

TunerやRC BoosterとDecimatorはもう固定なのでしばらくは動きません。
Compleserは前回のKeeleyから別のボードに入っていたProvidence Velvet Compに。

空間系のほとんどはラックで足もとのMusicomでコントロールします。

12日のじゃにめんライブではラックと一緒にいよいよ初お披露目になりそうです。
[PR]

  by roddys | 2011-06-08 15:43 | Column

悩ましい足元のDelay達

うん、近頃はblog内でラックの話ばかりになっていますが、
軽量なペダルボードだけのセットももちろん使用しています。

中でももう3~4年ほどメインで使っているDelayがこれ。
c0185575_113562.jpg


t.c.electronic - Vintage Delay

t.c.ならではの非常に解像度の高いDelayです。
中でもDryとWetの音量調整出来るので、踏み込んだ時に音量のブーストを掛けられます。
ソロ時に音量アップ出来るというのは大変魅力的でライブでは手放せません。
惜しくも最近はカタログから廃盤になってしまいました。


それとは別に使っていたのがこれ。
c0185575_11351549.jpg

Eventide - TimeFactor

以前RS-616で使っていた巨大なボードに組み込んでいたもので、
完全独立した2系統の最大3000msのDigital Delayを内臓、10種類ものハイクオリティなサウンドが特徴。
中でもDigital Delayの音がとても圧倒的にクリアです。
フロア型多機能DelayではTopといって良いのではないでしょうか?


しかし、大きさやライブでの音量バランスを考えた結果、
ずっとt.c.のVintage Delayを愛用していました。

ここで転機が。

Eventideのシステムのアップグレードにより、音量のアップが可能になったとの事。
これはとても嬉しいお知らせです!

アップデートしてTimeFactorを試してみる事にします。
長らく不動だった足もとのDelayが近日中に入れ変わるかもしれません(汗)。
[PR]

  by roddys | 2011-05-27 11:35 | Column

問題点

先日より何度も触れてきたラックについて。
機材関係を一新したことにより、使いまわしているもので困ったことが出てきました。

まずケーブル類。

以前は足元からアンプのSend/Returnへ長いシールド(5~6m)を使用していたのですが、
空間系の物がラックにまとめられて極めてアンプに近い位置に置けるようになったのでシールドが長すぎるんですね。
もちろんシールドは長ければ長いほど音質は劣化するので、出来るだけ短い方が音質的には好ましいわけです。

しかしながら、ギリギリまで短くするとアンプによってプラグが届かないことにもなりかねないので1~2mのものを2セット購入(※Belden8412)。

リハスタやハライブハウスにあるMarshallでの使用も想定して製作したことにより、アンプのCh切替をラック内のAmp Gizmoを通して足元のMusicomでMIDIで操作を行うため、Ch切替用のケーブルが必要になります。

ここで問題が一つ。

おおよそリハスタに置いてあるMarshallの型番はJCM900とJCM2000。
どちらもクリーンとドライブの2chです。
JCM2000はChが独立しているので普通のストレートケーブルで解決します。
しかし、JCM900ではChとReverbが一つのプラグにまとまっているので、ステレオのケーブルでないと対応が出来ません。

ので、ストレートとステレオの双方を用意。

そんなところです。
後はあの汚い配線の足元を何とかすれば全て解決です。

多分。
[PR]

  by roddys | 2011-05-25 12:34 | Column

実戦投入

昨日は新バンドのリハと、じゃにめんリハでした。
というわけで、先日完成したばかりのラックシステムとペダルボードを実戦投入しました。

うむ、中々の重量でやはり階段は辛い(汗)。
しかし、エスカレーターとエレベーターがあれば問題なく行けそうです。


っと、運搬の話は置いておいて。

まず、音に関してはかなりうまくいったのではと思います。
まず、クリーンのサウンドが絶品。
EventideのDetuneとLexiconのDelayとReverbの組み合わせ。
まるでクリスタルのような澄んだ音ですね。

ドライブサウンドに関してもやはり抜けてきます。
空間系による音の解像度が違うというか何とも説明しづらいですが。
メンバーからの評価も大変高評価です。

そしてセッティングにもZ's製作のインターフェイスのおかげで非常にスムーズ。
取り回しやセッティングの簡素化が一番の収穫と言えるかも知れません。


というわけで、今回2度のリハで色々と必要な音が色々と見えてきました。
特にLexiconのディレイに関しては修正したい個所や、何種類か欲しい音があったり。
Pitch Factorの音色もDetune以外に必要な箇所が出てきたり。
足元にやはりコーラスやモジュレーション系も欲しいなと思ったり(汗)。

これからの進化がとても楽しみです。

後、必要なものは「頑丈かつ軽量なカート」かな?
6月のじゃにめんライブでは、皆様に初披露できるかと思います。

ご期待くださいませ。
[PR]

  by roddys | 2011-05-23 17:56 | Column

アナログコーラス

こないだ試したアナログコーラス良かったなぁ。
今もっているMaxonとかProvidenceを手放しても良いと思った。

Mixierを通したEventideのDetuneも良いけど、
クリーンの時にはコーラスの方が良い音だなと思った今日この頃。
[PR]

  by roddys | 2011-05-23 12:00 | Column

システムのレイアウトについて

c0185575_11101161.jpg
そういえば、ラックのレイアウトがどうなっているかの説明をし忘れました。


今回はMixerとGVCAが入っているためこんな具合です。
c0185575_11102539.jpg
欲を言うとDryとWetをステレオで完全に分けた3wayシステムが一番の理想ですが、そんな大掛かりなセットを組むことなんて普通にはないだろうと。

それにしても正面のインターフェイスが本当に便利!
表に出すことによって、しかも一つに纏める事で暗いステージでも安心してセッティング出来ます。
背面に関しては、電源を出すだけなので他の配線は一切触れることはありません。

今後、このラックは拡張する事はないと思い切った結果こうなりました。
使うとすれば別ラックにPreとPower Ampだけだし。

3+SEやVHTの2150を持ち出す事は滅多にありませんが、
大きな会場やワンマンの時はきっとフルセットで持ち込むかもしれません。
[PR]

  by roddys | 2011-05-21 17:28 | Column

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE