「ほっ」と。キャンペーン

NEW GEAR

さて、今日は新しいOver Driveについて書きたいと思います。
c0185575_21542913.jpg
Ex-pro 30volt limited

以前は同じEx-proの9volt Over Driveを長い期間愛用しておりました。
今回の物は、その上位機種にあたる30volt Over Driveのセルフ・モディファイ品。

100台限定でナンバリングが施されていましたので、ベタではありますが69番(=Rock)をゲットしました。

Ex-proのOver Driveの特徴は、他のメーカーと比べ非常にノイズレス、そしてサスティーンの長さにあります。
しかしながら、単体としての歪みの深さはそれほど大きいものではありません。

この製品は、その名の通り9voltの電源から内部昇圧回路により30voltの駆動を実現しており、
他社の製品と比べても極めて音のレンジが広いです!

前面にあるTrebleとBassのつまみはXoticのBB Preamp等と違いそれほど効きは良くないです。
本当に少し補正を掛ける程度の物と言ってよいかと。

WILD⇔MILDの切り替えスイッチは歪みと原音とのミックス度合を調整する感じかな?
個人的にはWILDの方が好み。

中域を思いきり押し出すようなペダルではないので、
その他のTS系ODとは音の方向性が違うと思います。
本当に比較するのは難しい。

用途としてはチューブアンプの歪みの底上げ+フルレンジのブースターと言った所でしょうか。
ソロの時に押し出すというよりも掛けっ放しで使った方が自分には合う気がしました。

とても現代的なOver Driveです。
シングルよりもハムバッカータイプの方がより良さを引き出すように感じました!
また、アクティブピックアップとの相性も良好です。

巷に溢れすぎているTS系のODが合わない人は一度試してはいかがでしょうか?

自分はまだライヴへの実戦投入はしておりませんが、リハでは何度か使用中です。
今後はVRAIN、もしくはその他のサポート等でも使用してみたいと思っております。

歪み系はアンプやギターとの相性で選んでいるので際限がない。
困ったもんだ(汗)。
[PR]

  by roddys | 2012-03-02 21:55 | Column

<< ライブ尽くし! ありがとう横浜。 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE