CD届いた!

ずっと聞きたいなと思っていたCDをやっと購入。
昨日やっと届きました!

c0185575_1151015.jpg
Larry Carlton & Steve Lukather 「No Substitutions - Live In Osaka」(2001)

発売当初から欲しいなと思っていたのですが、もうあれから10年経っていたなんて。。。
偶然ネットで見つけて思わずクリックしてしまいました(笑)

Jeff Beckの「The Pump」やMiles Davisの「All Blues」などのカヴァーや、Larryの「Room335」、「Don't Give It Up」など、2人の非常に繊細で密度の濃い、貴重な演奏が聴けます。

ルークのRockなギターとラリーのJazzyなギターとの対比。
ライブならではのスリリングさ!
両者のアプローチの違いなども、とても勉強になります。

非常に完成度の高いライブ盤ですね。
このアルバム、2001年のグラミー賞のジャズ、ポップ、インストルメンタル部門を受賞されたようで、
世間的にもとても高い評価を受けていたようです。

それにしても素晴らしい!
[PR]

  by roddys | 2011-01-22 11:31 | Diary

<< おかずですよ。 今月のLive予定 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE