帰ってきた。

今月一杯かかると思われていたTomがチューンナップされて帰ってきました。
c0185575_17483886.jpg
といっても見た目が変わったわけではないんですが、ノイズやフィードバックの対策とかいろいろとね。
やっぱりお前がいないと落ち着かないのだ、トム子や。。。

チューンナップと同時にボードの内部を固定しました。
c0185575_17492332.jpg
今回の課題はボード内にブースターを組む込むこと。
ステファンズ以外のギターはパッシブなので、ローインピーダンスにしつつ音を太く、かつ筐体が小さな物という条件で。
c0185575_17495089.jpg
「Xotic Ep Booster」

なんでも、エコープレックス EP-3 のプリアンプ回路を参考にしたものなのだそうな。
エコープレックスはエディやエリック・ジョンソンの使用で有名ですが、通すだけで音が太くなるらしく、未だに愛用している人は多いですね。

エコープレックスを試したことは無いですが、このブースターは凄いですよ。
本当に通すだけで音圧が激変します。
もちろん、音質の好き嫌いは分かれますが、keeleyのKatana Boostや同社のRC Boosterよりも個人的にオススメですね。
何より驚異的なのは、このサイズで9v電池が使えるということ。
自分は12vで電源を取っています。
多少昇圧するとレンジがまた広がります。
18vまで使用できるみたいですが、今の自分にはパワーサプライ内で供給できる12vで十分過ぎる音に仕上がりました。
先日のライブにて使用しましたが、素晴らしい音に出来たのではないかと思います。
Tomの調整も合わせてボード内の配線・組み込みはMooGさんに仕上げていただきました。
僕にとって彼はボブ・ブラッドショー(CAE創立者でLUKEのサウンドメイカー)といっても良いほど信頼しております。
うむ、素晴らしい仕上がり。
それにしても良い音です。
[PR]

  by roddys | 2010-08-30 17:58 | Column

<< 軽量セッティング New Over Drive ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE