一足先に東京公演へ!

いよいよ本家Journeyがやってまいりましたね。
僕は一足先に東京公演を観戦しに行って来ました!

新しいメンバーが加わった新生Journey、4年振りなので本当にお帰りなさいですね。

今回は全体的に音響がちょっと厳しかったなぁと。
最初はギターも聞こえなけりゃ低音はスカスカ。
Drはスネアしか抜けて聞こえないと言う有様。
後半はニールのギターがでかかった様な。。。

前回の2004年のLiveも同じフォーラムでしたが音響に関しては前回のほうが断然良かったです。

さて、皆さんも注目していたとは思いますが、新Voのアーネル・ピネダ。
さすがの素晴らしいVoでした!
今までのJourneyにはない激しいステージングも新たな魅力です。


それ以上に目を見張るのがDrのディーン。
そのタイトでパワフルなドラミングは去ることながら、メインを張れるほどの素晴らしい歌声。
正直痺れましたね!
今回はメインVoを取った曲は4曲。
アーネル君も初めて彼の歌を聴いた時、どう思ったのか知りたいですね☆

さて、ニール・ショーンのギターですが、今回はシグネイチャーモデルのGibsonレスポールをメインに使用。
Ampはヘッドこそ見えませんでしたがキャビネットはMarshallでした。
レスポールの太いサウンドが心地よい本公演でしたが、プレイはあまりらしくないフレーズが多く、調子が悪い印象を受けました。
いつもの冴え渡るニールショーンには程遠い。


それにしても今回のステージは2時間半。
新譜からも数多く演奏され大御所バンドにしては珍しい長丁場を楽しませてくれました!

心残りがあるとすれば、代表曲でもあるWho's Crying NowやI'll Be Alright Without Youなどは聞いてみたかったなぁと。
歴史の長いバンド程選曲に悩むのでしょうね。


また次の来日が待ち遠しいです☆

次回のじゃにめんLiveへの良い刺激になりました!
4月のじゃにめんもどうぞヨロシク!

Journey
Set List from Tokyo International Forum2009/3/9

1,Intro~Majestic
2,Never Walk Away
3,Only the Young
4,Ask the Lonely
~Neal Schon Guitar Solo~
5,Stone In Love
6,Keep on Running(DEEN Vocal)
7,Turn Down the World Tonight!!!!!
8,Change For the Better
~Jonathan Neal Blues Jam~
9,Wheel In the Sky
10,Higher Place(DEEN Vocal)!!!!!
11,Lights
12,Still They Ride(DEEN Vocal)
~Jonathan Cain Piano Solo~
13,Open Arms
14,Mother Father(DEEN Vocal)!!!!!
15,Rubicon
16,Wildest Dreams
17,Separate Ways
18,What I Needed!!!!!
19,Edge Of the Blade
20,Place In Your Heart!!!!!
21,Escape
22,Fathfully
23,Don't Stop Believin'
24,Any Way You Want It
===ENCORE===
25,Lovin' Touchin' Squeezin'
[PR]

  by roddys | 2009-03-11 05:45 | Diary

<< Gear いよいよ >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE