足元

今日は機材のお話です。
ライブの時、ギタリストの足元には色々な機械が置いてあるのを見たことありますか?
小さな箱からコンピュータ-のようなハイテクでドデカイ物まで様々です。
知らない人が見ればアレは一体なんだろうと思う人も多いはず。
これらはエフェクターといい、ギターの音色を操る魔法の機械なのです。

激しい歪んだ音や、コンサートホールのような深いエコーを掛けたり、はたまたジェット機のような轟音まで。

ギタリストはそんな沢山のエフェクターを自在に操り、理想のサウンドに近づけていくのです。

そんな魔法の箱「エフェクター」で僕がライブで使用しているものを少し紹介しましょう。

c0185575_2441452.jpg

(右上)
・SAMSON AirLine Wireless System AP1

ギター用のワイヤレスシステムです。
最近は周りでも多く見るようになりましたが、これだけ小型なワイヤレスシステムは他に無く発売当時は衝撃を受けたものです。
今では大きなステージでは欠かすことの出来ない存在ですね。

(右下)
・KORG pitchblack

チューナーです。
丈夫でコンパクトな上、正確なチューニングを可能にしてくれました。
LEDが見やすく暗い中でも安心です。

(真中)
・EX-PRO 9Volt OVER DRIVE

最近の僕のサウンドの要となるエフェクターです。
ギターの全体的な音幅をそのまま引き上げてドライブさせてくれるとでも言いましょうか、
煌びやかな歪みを得られる上に気持ち良い位サスティーンが伸びてくれます。
近年稀に見るくらい完成されたOver Driveですね。

(左下)
・iSP Technologies DECIMATOR G String

以前にもブログで紹介しましたノイズリダクションです。
原音を忠実にノイズだけを除去。
まさにその言葉に偽りはなく、ここ最近の新兵器といっても過言ではないくらい大活躍しております。
ワイヤレス意外は全てトゥルーバイパスなので音痩せもまず気になりませんね。




基本的に多くの音色を多用しないバンドやセッション、リハーサルスタジオの時にはこれらのエフェクターで臨みます。
さらにこのエフェクターボードに収まらないものでもう一つ追加して広げることもしばしば。


他にも音色を多用するバンド用にもっと大きなエフェクターボードも使用しますが、それらについてはまた後日、語ることにしましょう。

一つ一つ拘った音色を求めてギタリストは日々Journey(旅)を続けていくのです。

そして新製品や楽器メーカーの戦術にはまり、部屋が機材で埋もれていって大変な事になったりして(笑)

公式HPでも近々機材の詳細をUPする予定ですので乞うご期待!
[PR]

  by roddys | 2009-02-14 01:46 | Column

<< 結構ショック! お買い物日和 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE